トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

ヴィア・ドロローサ

ヴィア・ドロローサ、カルバリーの道
世界には不思議なことがある。 
最も不思議なことは、ないものを見るために多くの人が世界中からお金と時間を費やして来ることだ。
イエスの墓に「ないイエスの遺体」を見に来ること。
私達も、イエスが十字架を担いで歩いた道、ヴィア・ドロローサを歩いて墓に行った。

墓の石は取り除けられてあった。
人が入ってイエスがおられないのを確認するためである。
「イエスはよみがえられた!」のです。
この旅のクライマックスです。

 「驚くことはない。あなた方は十字架につけられたナザレのイエスを探しているが、あの方は復活なさって、ここにはおられない。」
    マルコによる福音書16章6節

via dororosa.JPG

石畳の細いカルバリーの丘に続く道、ヴィア・ドロローサ

cross.JPG

十字架を担いで歩くイエス


tomb.JPG

イエスの葬られた墓、しかしもうそこには居られない


yellow.JPG

墓のそばの石垣に咲く花

コメント

墓をみせ復活したから遺体はない。なかなかやりますね。本日会社のパソコンでお気に入りに登録しコメントしております。小平先生の感激している姿が目に浮かびます。楽しい旅行を続けてください。

応援ありがとうございます。
感激のあまり、睡眠不足で頭の中がぐしゃぐしゃです。帰ってからゆっくり時間をかけて整理したいと考えています。

お帰りなさい。
主の身元でゆっくりと休めましたか?
平成7年にイスラエルを旅した時を思い出します。
ラビン首相が暗殺された10日後のことでした。
イスラエルで一番印象に残ったことは
世界一公衆トイレが綺麗だったこと。(笑い)
当時のスケッチをまた、送ります。
貴君の3/13出発の日、私はブラジルから
リオのカーニバル、アマゾン、イグアスの滝、
そしてアルゼンチンに渡り、エビータの墓に。
成田に戻った日。どこかですれ違ったのかもね。
ゆっくり、お話しましょう。

メールでイスラエルの旅を味わうことが出来ました。
中川先生の案内の様子まで聞こえてきます。
これからも日々のメッセイジ楽しみにしています。
私は3/9から3/17まで娘に会いに行ってきました。正直に言えば孫に{笑い}会いにです。
今時、神様からのプレゼントの時間として大切に味わいたく思い過ごしています。
疲れが取れたら、旅のメッセイジまた伝えて下さい。

服部様
大変な時にイスラエルの旅をされていたとは、さらに相変わらず遠征されているのには驚きです。
4月5日(水)に田島さんも群馬から上京して来ますので、例の「聖書を読むかい」ホテルじゅらく、御茶ノ水にお越しください。楽しみにしています。

りくさん
「今の時を神様からのプレゼントの時間」と言うのはうれしい言葉ですね。
お互いに、もう天国の味を先取りして味わっているようなものでしょうか。
すべての栄光が主にあるように!

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.