トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

「聖書を読むかい」

2006年2月1日(水) 11;30-14:00ごろまで
御茶ノ水、ホテルじゅらくの2Fレストラン「地中海」にて
みなさん歓迎します。

窓辺.JPG 
 レストラン「地中海」の窓辺

マタイによる福音書 8章 (今日読む箇所)      

 み言葉の力

 イエスが山から降りてから、たくさんの奇跡をなさった。
1-17節に、①らい病人の癒し、②百人隊長の僕の癒し、③ペテロの姑の癒しが記録されている。
例えば②、百人隊長はローマ軍の軍人であり、100人の兵士を指揮する隊長であった。当然彼はローマ人または異邦人でした、旧約聖書では異邦人は「焚き火にくべる薪」と考えられていたように神の祝福を受けるには遠い存在でした。
しかし、イエスがいっているように、彼はユダヤ人にまさる信仰を持っていた。10節「まことに告げます。わたしはイスラエルのうちの誰にも、このような信仰を見たことがありません。」
それは、7節「いって直して上げましょう。」というイエスの言葉に対して、8節「ただ、お言葉をください。そうすれば、私の僕は直りますから。」にあるように、
彼は軍人として、権威あるものの言葉には力があり言葉(命令)の通りになることを知っていた。
イエスのメシヤとしての絶対的権威を認めて信じたのである。
  
 へブル人への手紙4章12節「神の言葉は生きていて、力がある。」

①らい病人が癒される箇所です、癒された人に、4節「気をつけて、誰にも話さないようにしなさい。」と言われた。
なぜでしょう?

 イエスの奇跡は、イエスがメシアであり、神の権威を持っていること具体的に示すために行われたものです。イエスを信じれば御利益があると思う人がいるかもしれません、しかし、御利益として行われた奇跡ではありません。
あえて言うならば、イエスを信じることは御利益以上(永遠の命)のご利益をいただくのです。
 あなたの信じたとおりになるように。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.