トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

団塊世代の

<大>「団塊世代の定年退職者」が2007年には大量に現れる。

 「ゴジラ現る!」のように、この人たちの造り出す新しい時代が今注目されている。なぜなら今までの戦後復興の日本社会を作り上げてきたから。しかし、彼らは本当に期待を裏切らない新しい時代を造る事ができるか?いや入って行けるのか?
40年近く職業という型にはめられた人たちが、自由を上手く使いこなせるのか?
ポール・トウルニエは著「人生を変えるもの」で “人々の人生に意味を与える社会はよい社会、***良きものは与えられるもので、つくり出すものではないということはお分かりでしょう?道端で摘む一輪の雛菊でさえも”と。
<太>人生の意味を見出すことが大切と言っている。

アン・リンドバーグ著「海からの贈り物」は子育てを終えたリンドバーグ夫人(大西洋横断飛行に初成功したリンドバーグ大佐の夫人)が一人海辺の別荘で、数週間海の生活をするのです。

 団塊の世代はどうしても見つけたり、静かに考えるより造りだしたり、忙しくするのが好きのようだが。

イエスは彼女に言われた。「もしあなたが信じるなら、あなたは神の栄光を見る、とわたしは言ったではありませんか。」
   ヨハネによる福音書11章40節

africann violet.JPG

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.