トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

もったいない

<大>一昨年、ノーベル平和賞を受賞した、ケニヤのワンガリ・マータイさんの著「モッタイナイで地球は緑になる」から来たことばです。
 物を大事にし、木を植えて地球に緑を増やそうという訴えです。
私も、最近物をできるだけ修理して、再生して、丁寧に使うことに心がけている。
  
 先日も「シェーバーの切れが悪くなった」と、独り言を言っていたら、すぐ「そんなに高くないんだから、新しいのを買ったら」との声があちこちから聞こえた。シェーバーの刃は2年が限度だそうです。もう3年以上使っていたので、電気屋にシェーバーを見に行ったら、たまたまスペアの刃があったので買って取り替えたらとても切れるようになった。息子が初月給で買ってくれた物で、その時もうれしかったが、お払い箱になる寸前だったのが生き返ったことは、また格別うれしい。
 
 そんなわけで最近、修理に凝っている。先日も自転車の後ろのタイヤを一本替えた。しばらくこの楽しみを続けたい。
さて次は何を?

「父親は言った、『この息子は、死んでいたのが生き返り、いなくなっていたのが見つかったのだから。』 そして彼らは祝宴を始めた。」 
    ルカによる福音書15章24節
ニコライ.JPG
冬空にそびえ立つ御茶ノ水のニコライ堂

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.