トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

木枯らし吹いて

  今日は空が青く、光っている。風は冷たく山は雪のようだ。
 
 12月の季語は師走、普段走らない人(あわてない人)も走る時である。
最近、巷では「士が走っている」と言われている。 代議士、弁護士(西村)、建築士(姉歯)が走って塀の中に消えていく。

 私もかつては、よく走った(危ない時があった)が何とか主の導きにより、道をはずさないでこれたことは感謝です。
年の瀬になって、走らなくていいようにしたいものだ。
まして、人生の晩年になって走らなくていいようにしよう。

「すべての世にあるもの、すなわち、肉の欲、目の欲、暮らし向きの自慢などは、御父から出たものではなく、この世から出たものだからです」
     ヨハネ第1の手紙2章16節

img20051206.jpg
冷たい風に、中学校の校庭のイチョウの木も葉が落ちた

img20051206_1.jpg
柿の葉は落ちて実が残る****、
  聖書に「草は枯れ、花がしぼむ、しかし主の言葉(真理)は残る」とある

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.