トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

アドベント

今週からキリスト教の暦ではアドベント(待降節)が始まりました。
クリスマスの4つ前の日曜日からクリスマスを準備する期間で、教会では燭台にローソクを週に一本ずつ灯し、クリスマスの時は4本灯します。
暗黒の世界(悩みの中にある、愛する人を失った、病の床にある、仕事が上手くいかない等々の状況)に射し込む光、メシア(救い主)の到来を待つ祈りの時です。

 また、クリスマスキャロル(キリスト降誕を祝う歌)を歌いつつキリストの誕生を待ちます。そして、町や家々もきれいにリース、クリスマスツリーや星で飾られ、喜びつつ待ち望むのが待降節です。
祈りつつ待つ時、必ず何か「不思議」が起こるのです。
本当のクリスマスを味わってください!

「すべての人を照らすそのまことの光が世に来ようとしていた。」
             ヨハネによる福音書1章9節/大>

Cchristmas 030.jpg
新宿駅の南テラスでもクリスマスを祝っている

Cchristmas 003.jpg
お店もクリスマスグッズと飾りでいっぱい

Cchristmas 024.jpg
電車内、ディズニーシーのクリスマス広告(聖書の世界をまねている)

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.