トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

狭き門

茶の千利休が、信長に茶を点てていた折、
「のう宗易(利休)、茶の湯の第一の心がけを、そちはどう思うておる」
「恐れながら、上には粗相ありとも、下には律儀に信あるべし、と存じまするが」
「何と茶の湯は、キリシタンに似ておるではないか」
「キリシタンにでございますか」
「うむ、キリシタンに似ているわ。なるほど、茶の湯に号令はいらぬわの。だが宗易、戦には、何としても号令は必要じゃ」
(三浦綾子著、「千利休とその妻たち」より抜粋)

茶室という宇宙空間に入るには小さなにじり口(約70cm*60cm)から、この世の一切の重荷(権力、富、地位)を下ろして(武士の刀も)入らねばならない。

イエスは、「***。金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通るほうがまだ易しい。」****。「人にはできないことも、神にはできる」と言われた。
ルカによる福音書18章25,26節

川.jpg
秋鮎の釣り人も優雅であるが、(相模川)

ススキ.jpg
秋の夕陽に輝くススキはなんと開放感があることか

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.