トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

5cm角の窓から

あっちを見てもこっちを見ても、みんなケイタイの画面を覗き込んでいる。
世界に情報を発信し、世界中から情報を得ている。

 中国が改革開放政策を始めた時、北京に「世界の窓」というレストランができ、そこが外国との交流、情報を得る場となった。
 茶の湯の4畳半、茶室が武士の世界と商人が交流した場所であった。
限られた小さな窓を通してこそ、大切な情報を得ることが出来ることが多々ある。

 2000年前にカルバリの丘で磔(はりつけ)となったイエスの十字架を通してのみ、得ることのできるものがある。それは永遠の命である。

「狭い門から入りなさい。滅びにいたる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い。しかし、命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか。それを見出す者は少ない。」
    マタイによる福音書7章13,14節

エクレシア.jpg
私達が通っている座間バプテスト・ヱクレシア
小さな教会ですが、とても自由で暖かい教会です。

コメントを投稿

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 5cm角の窓から:

» マタイによる福音書 from 朝礼ネタ・スピーチに使える名言・格言コラム集〜バイカー修ちゃん今日の一言
狭き門より入れ、滅びにいたる門は大きく、その路は廣く、これより入るもの多し。 -新約聖書 『マタイによる福音書』第7章13節より-... [詳しくはこちら]

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.