トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

カカシ

偶像の神はカカシ(案山子)みたいなもの。

人間にとってカカシは命ないもの、何の影響力も持たないもの、しかしスズメにとっては怖い、恐るべきもの。
唯一の神(God)にとって偶像の神々(gods)は命なきもの、人に何の影響も与えないのに、人は恐れている。
また偶像は偽札のようなもの、使うと後で問題となる。(尾山令仁師)
本当に恐れるのは生きておられるイエス・キリストの神のみ。

「わたしの愛する人たち、こういうわけですから、偶像礼拝を避けなさい。」
コリント人への手紙第1、10章14節


かかし.jpg

かかし2.jpg
カカシは人の目には命なきもの、愛嬌すらある。
だが、スズメにとっては恐ろしい存在。「みかけだおし」と言う意味も。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.