トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

サムエル記の最終章

今週の「聖書を読むかい」ではサムエル記下の最終章、24章を読んだ。
ダビデはサタンに誘惑されて、人口調査をした。これは、実は戦闘員の把握でダビデの戦力を誇示するものであったのかもしれない。このことは主に対する罪となった。
主は罪の結果として、イスラエルの民のうち7万人を疫病で滅ぼすことになった。
罪を犯したのはダビデであるのに、なぜイスラエルの民が苦しまなければならないのか?

神のご支配の中において、なぜこのような苦しみがあるのか?
なぜか理由は神の奥義であるが、その解決は主の命じた言葉にある。
「主のために祭壇を築きなさい。」
ダビデは祭壇(神殿、教会)にて罪を悔い改め、許しを受け、神を求め、神を賛美した。
「主は祈りにこたえられ、疫病はやんだ。」とある。
サムエル記の終章、ダビデの生涯は祭壇での礼拝で終った。ハレルヤー!

けんきん.jpg

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.