トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

星の王子さま

最近、新訳「星の王子さま」が池澤夏樹、倉橋由美子、小島俊明、山崎庸一郎、によって翻訳されており、ちょっとしたブームになっている。昔、私もクリスチャンになる前に読んだ(内藤濯訳)が、あまり意味が分からなかった。ルドルフ・プロット氏の解説にあるように、「作者のサン・テグジュベリは幼少時、母親から聖書をよく読んでもらった。」とあり、クリスチャンになった今読んでとてもよく分かるようになった。

 翻訳の出来、不出来ではないのです、聖書を知っているかどうかです。日本人(聖書を知らない人)には少し意味が分かりずらいでが、西欧のキリスト教国の人々には理解出来るのでしょう。作者はとても深い思いを伝えようとしていたのです。
 
 王子さまはイエス・キりストで、星から地球に来られ死んで(蛇にかまれる)また帰っていきます。その時に地上に喜びの鐘の響きを残していきます。
ヨハネの福音書でイエスさまが去っていく(十字架で死んで天国に帰る)かわりに聖霊さまが来られ、聖霊さまによって人々の心に喜びが満ちあふれるのです。

「わたしの喜びがあなたがたの内にあり、あなたがたの喜びが満たされるためである。」
     ヨハネによる福音書15章11節

この機会にクリスチャンの方は一読をおオススメします。
キーワードは「かんじんなことは目には見えない」です。

王子.jpg
「星の王子さま」、この本の中にいくつの聖句を見出せますか?

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.