トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

夢を

シャトル.jpg

『訓練は長かったが、夢に向かってがんばることは絶対に無駄にならない。』
国際宇宙ステーションに行き、船外活動を終えて今夜地球に帰還する野口聡一さんのことばです。

 レストラン・ユーオーディアを開店しているTKさんも、サラリーマン時代から自分のレストランの夢を抱き、デュッセルドルフやシドニーに駐在した時も、友達を招いて食事を提供するなど、こつこつと準備、訓練をしていたのです。

夢があるだけでも素晴らしいこと、その夢を実現させるのはもっと素晴らしい。
夢に向けて、日頃の生活の中でこつこつと何かをすることです。

パウロは言いました、「私が植え、アポロは水を注ぎました。しかし成長させてくださったのは神である。」
コリント人への手紙1,3章6節

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.