トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

少年よ!大志を

「少年よ!大志を抱け」 これは明治初期、8ヶ月間札幌農学校で教えたクラーク先生の言葉としてあまりにも有名である。
しかし、先生の本意は後に続く文にある。

"Boys, be ambtious! Be ambitious not for mony or for self aggrandizement,not for that evanscent thing which men call fame.Be ambitious for Christ   and Japan."
 
いつまでも少年である者よ!
キリストと日本のために、大いなる大志を抱け!

かずら.jpg
夏の夜に大きな夢をみよう!(この花の名はノウゼンカズラです、ありがとう!)

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.