トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

終戦記念日に

「二度とこのような悲惨な戦争をしてはいけない。」
戦後60年たった今も、この日の合言葉です。

「だれかがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい。」
   マタイによる福音書5章39節、イエスのことばです。

このことについて、ある時教会学校で話し合った時の発言、
 「いてえだろーな!」 小6の男の子
 「そんなだらしない男は嫌い。」 女子大生
 「さすがイエスさまは慈悲深い、」 お母さん
意見はいろいろ。
     続く、5章44節で、
「敵を愛し、自分を迫害するもののために祈りなさい。」
と言っています。
貴重な代価を払ってでも「平和」をつくり出すためでしょう。


はと.jpg
わが団地の庭のヒマラヤスギに造った巣で生まれた鳩のひな2羽
「新しい平和の象徴」 と考える

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.