トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

父の道を歩まず

信仰深いハンナの祈りによって与えられたサムエル、彼は予言者として良き仕事をした。しかしその息子達は「父の道を歩まず、」サムエル記上8章3節、と記されている。なぜ聖書は都合の悪いこともそのまま記載しているのか、たしかに聖書の記述は事実で、真実を伝えている。

 韓国の元大統領、キム・ヨンサムは敬虔なクリスチャン、その息子達も贈収賄で逮捕された。このような例は数えたらいくらでもある。
 
 団塊の世代である私たちは、戦後の復興のため、家族の生活向上のため真面目に一生懸命に働いてきた。それなのに我らの多くの子供達はフリーターやニートであったり、親の道を歩もうとしないのが現実である。
どこで子供の教育を間違えたのか?
 
今日の聖書を読むかいで、「時代がそのような人をつくった」、「その人の生まれ持った資質による」、「教育が新しい時代に合っていない」との意見があった。
あるいはどんな人間(親)も不完全ということなのだろうか?
ともかく子を持つ親として、身の引きしまる思いがする。

「どのようにして、若者は歩む道を清めるべきでしょうか。
あなたの御言葉どおりに道を保つことです。」
               詩篇119編9節

小川.jpg
彼らが正しく健やかに成長し、またそのような社会がくるよう祈る

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.