トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

サウル王失脚

イスラエルの初代の王サウルは、神と民衆により立てられた王でした。
ところが、サムエル記上15章にあるように、なぜ早くも神より王失脚の通告を受けたのか?

預言者サムエルが神である主の気持ちを語っている、
「主が喜ばれるのは、焼き尽くす捧げ物やいけにえであろうか。むしろ、主の御声に聞き従うことではないか。」 サムエル記上15章22節

神に立てられた王(人)は人の声や、個人の欲望に従うのではなく、徹底的に神の声に従うことです。そこに信仰が必要なのです。

「信仰がなければ、神に喜ばれることが出来ません」
へブル人への手紙11章6節
今週の「聖書を読むかい」の学びでした。

ニコライ.jpg
ニコライ堂
JR御茶ノ水駅の聖橋側よりの映像、「聖書を読むかい」のホテルじゅらくも近い。
19世紀(1861年)、ロシヤから来た聖ニコライによって始められた。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.