トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

ベリー・グー

バンクーバーに住んでいる友人Sさんから、昨年自家製のブルーベリージャムをいただいた。美味しいのに感動し、自分でブルーべリージャャムを作ってみたいと思っていた。
今日、1ヶ月前から予約していたブルーベリー摘みに行った。
初めてのブルーべリ-摘み、どんな所に、どんな風になっているのか?
久しぶりに遠足のような気分。
「ブルーベリー摘み」て、何となく良いもののような感じ。
確かに、ブルーベリーに含まれるアントシア二ンが目に良いということで最近人気が高い。
外国産の輸入品も出回っている、それより国産の無農薬のものがやはり安心。
 JR相模線の原当麻駅から徒歩15分、我が家から約1時間の相模ブルーベリー園。
9時開園、もうすでに摘んでいる人がいた。朝9時とはいえ晴天のため、かなり暑い。1時間弱で1.2キロを摘んで2,200円でした。
帰ってからジャムを作った、なんとも貴重なジャムが出来た。

「いかに幸いなことか、*******
主の教えを愛し、その教えを昼も夜も口ずさむ人。
その人は流れのほとりに植えられた木。
時が巡り来れば実を結び、葉もしおれることがない。
その人のすることはすべて、繁栄をもたらす。」
       詩篇1編1-3節

トレーラ.jpg
ブルーベリー園受付のキャンピングトレーラ

ベリー.jpg
高さ1.5m位の枝木に実がなっている

ベリー.jpg
実はいっぺんには熟さず徐々に色づいていく

ハウス.jpg
涼しいテントの中で摘んだブルーベリーを賞味しながら、世間話に花

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.