トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

パイプオルガン

ユニオン・チャーチ・オブ・マニラ(UCM)に素晴らしいパイプオルガンがある。礼拝の前奏や後奏に美しい音色を奏でてくれる。しかし、神さまは人間にもっと素晴らしい楽器を与えてくださった。それは人間の声です。声はメロディーと歌詞の両方を同時に演じることが出来る。
人間の声を用いてもっともっと神を賛美しよう。


『新しい歌を主に歌え。全地よ。主に歌え。』
詩篇96編1節

ゆ1.jpg

この礼拝堂に1000人ぐらい入るでしょうか、今日は満員でした。後奏にバッハの "In thee is gladness"を弾いてくれました。


ゆ2.jpg

聖歌隊の練習風景です。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.