トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

サンパギータの香り

 サンパギータという白い小さな強い香りの花、ジャスミンの一種でフィリピンの国花です。

 夕方になると、街の交差点に花売りの子供達が立っている。特に水曜日が多いが、これは水曜日の夜、カトリックのミサに行く人が多く、帰りに清めの意味を込めて買うようだ。レイのように首にかけるのもよし、車のバックミラーにかけるのもよし、エキゾチックなフィリピンの香りです。フィリピンの人も結構花が好きな人が多い。

「私はシャロンのサフラン、谷のゆりの花。」
「わが愛するものが娘達の間にいるのは、いばらの中のゆりの花のようだ。」
               雅歌2章1-2節

「私たちは、救われる人々の中でも、滅びる人々の中でも、神の前にかぐわしいキリストの香りなのです。」
              コリント人への手紙Ⅱ、2章15節


aka.jpg

花売りの男の子


siro.jpg

どこにでも咲いているサンパギータ

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.