トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

アイデンティティー

現在間借りしている(マニラのフィリピン大学のそば)、グリフィツ宣教師宅付近の朝の風景、
『心地よい風景だ。そういえば、昔日本にもあった。』

street.jpg


「レクサスとオリーブの木」 ニューヨークタイムズのトーマス・フリードマン著に(レクサスはトヨタの高級車(輸出車名)で進歩の象徴、またオリーブの木は文化や人間として大切なもの、アイデンティティーを意味している。アイデンティティーは心のふるさとと訳したらいいかもしれない。)
レクサスの中にいる時間が長くなるほどオリーブの木に寄りかかって過ごしたい時間も長くなるとある。人々は今も共同体を求めている、ゆったりと安心できる共同体を。

「まことに、あなたの大庭にいる一日は千日にまさります。」
               詩篇84編10節

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.