トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

すごい人だ

 バチカンで200万人が法王 ヨハネ・パウロ2世の葬儀に列席し最後の別れを告げた。法王は26年間の在任中に、特に十字軍の遠征、ガリレオ裁判等過去のキリスト教が犯した罪を悔い改め、またパレスチナやアラブの人のために祈り、イラクの武力攻撃を最後までノーといい世界平和のために尽力された。
世界の人々は厳粛に法王の功績をほめたたえた。

 一方、日本では、桜前線が関東南部まで北上し、今日は最高の花見日和となり夕方から夜にかけてかなりの人が桜見物に出かけるようだ。今年は桜の開花度、天候、週末が重なることで、桜見物のタイミングは抜群のようだ。
日本の人は桜の下でにぎやかに酒を飲みながら桜の花を愛でる。

 なんとなく次元が違う感じがするが、ともかく全てを支配しておられる神を褒めたたえよう。

 「主をほめたたえよ。すべて造られたものたちよ。
    主の治められるすべての所で。
       わがたましいよ。主をほめたたえよ。」
                 詩篇103編22節


sakuramiti.jpg

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.