トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

学生達との旅

 大学生達としたインドネシヤ旅行での収穫。
それは、旅の中で3回朝食時に30分の聖書の話が出来たこと。

 1回目は、私がなぜクリスチャンになったかを、「人は、たとえ全世界を得ても、自分の命を損じたら何の得がありましょう」マルコ8章36節から、

 2回目は、私の40年近い企業生活を通して、賄賂の誘惑や、不正行為について、「賄賂を取ってはならない、賄賂は聡明な人を、盲目にし、正しい人の言い分をゆがめるからである。」
出エジプト記23章8節から学んだこと 

 3回目は、大学生も遅かれ早かれ、結婚をして子供が生まれる、そんな時思い出して欲しい聖書のことば「それゆえ、男は父母を離れ、妻と結び合い、二人は一体となるのである。」
創世記2章24節から結婚について、

 聖書がどんなに素晴らしい書物であり、人生の規範となるものであるかを知って欲しかった。
そのためには、今後も多少の代価を払っても出かけていきます。


バンドン駅.jpg

バンドンの駅舎、夏の間政府がここに移ってくるインドネシヤの避暑地

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.