トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

楽しい時

 退職してから、たくさんの人に「毎日何をしているの?退屈でしょう」と言われる。
一瞬返事に困るが、それほど退屈ではなく、結構楽しい。

 朝食の後、新芽のふく、ヒマラヤスギの木立に囲まれた窓辺のソファーに座り、トリオワン(ジュリヤードTRIO ONE Ⅰ&Ⅱ、ミクタム)の賛美歌演奏を聴きながら、「主のみ名が崇められますように」という始まりで、祈りの時をもつ。

賛美歌310 「祈りの時は いと楽し」
  
  しずけき祈りの 時はいと楽し
  そびゆるピスガの 山の高嶺より
  ふるさと眺めて 登りゆく日まで
  なぐさめを与え 喜びを満たす
 
 そして、今朝は、ルカによる福音書24章を読んだ。
イエスは言われた。『なぜ取り乱しているのですか。どうして心に疑いを起こすのですか。わたしの手やわたしの足を見なさい。まさしくわたしです。わたしにさわって、よく見なさい。霊ならこんな肉や骨はありません。わたしは持っています。』 38,39節

 肉体を持って復活した主、イエスさまに会った弟子達の驚きようが伝わってくる。
私の心も、驚きと喜びで震えた。
これが、週の初めの日の午前中の満たされた時でした。


sugi.jpg

窓からヒマラヤスギの木立をながむ

cd.jpg

トリオワンのCD

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.