トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

富弘美術館

 富弘美術館(群馬県勢多郡東村)が4月16日改装オープンした。
今から35年前、中学校の体育教師をしていた星野富弘は器械体操クラブ活動の指導中に、頚椎損傷という大怪我を負い、手足の自由を失った。動かない手足、いつ終わるとも知れない入院生活。まだ24歳だった富弘にとって到底受け入れることの出来ない現実だった。「幸せとは、不幸とは、いったい何なのか・・・・」絶望が富弘を苦しめ、生きる気力は日に日に失われていた。(朝日新聞広告文)
 
 そんな時かれはイエスキリストを信じる信仰を与えられた。神の愛と、母の献身的な介護、周囲の人々の愛のなかで新たな人生の希望を見出し、口に筆をくわえ詩画を描くようになったのだ。

 人生に大切なものは、金や地位、名誉ではない、またときには健康な体でもない事がある。
それは生きる目的かも知れない。

 「ペテロは、『金銀は私にはない。しかし、私にあるものを上げよう。ナザレのイエス・キリストの名によって、歩きなさい。』と言って、彼の右の手を取って立たせた。するとたちまち、彼の足とくるぶしが強くなり、おどりあがってまっすぐに立ち、歩き出した。そして歩いたり、はねたりしながら、神を賛美しつつ、二人と一緒に宮に入っていった。」
                 使途の働き 3章6-8節

たんぽぽ.jpg

お気に入りの一枚

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.