トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

命に溢れて

 今日は元の会社の同僚S氏から招待券を頂いたので生まれて始めて、演歌のコンサート「坂本冬美ショー」に行くことになっていた。夕べからの雪が朝まだ降って電車が動くのか心配だった。幸い昼ごろには雪も止んで薄日が出てきてやれやれと藤沢まで出かけた。
何とびっくり、平日で開演30分前なのに4列で数百人が並んでいた。全館指定席なのに。
館内を見回すと、おばさんと結構年取ったおじさんが多かったが、1300人入りホールが満員。約2時間手拍子に、掛け声で皆な盛り上がっていた。ステージの合間、合間に衣装換えを5回位するのだがその速さにびっくり。そして、やはり「夜桜お七」が最高、歌とバックの桜と、桜吹雪で日本文化を遺憾なく満喫。
 
 さて、実は昨日妻がライブドアーの株を少し買った。一株(350円位)から買える。
最近話題の、小さなライブドアーが大きな日本テレビの株を買占め、系列のフジテレビに業務提携を迫るという事件。
ライブドアー社長の堀江モンの行動力と、日本の古い企業体質破壊に応援したいと言うこと。わたしも賛成だ。日本では堀江モンの行動(買収)は常識はずれと批判されているが、海外では日常茶飯事で驚くに当たらない。
下手なテレビ番組見ているより興味をそそられ、若者を応援することに参加出来る喜び。

 聖路加病院の日野原さんが言っているそうですが,コンサートへ行ったり、観劇に行ったり、適度に興奮することが認知症防止に大いに役立つとのこと。
熟年を価値あるものにするため積極的に体と脳細胞を働かせることに参加しよう。

 「神に従う人はナツメヤシのように茂り、レバノンの杉のようにそびえます。
主の家に植えられ、わたしたちの神の庭に茂ります。
白髪になってもなお実を結び、命に溢れ、いきいきとし、述べ伝えるでしょう、
わたしの岩と頼む主は正しい方、みもとに不正はない、と。」
                  詩篇92編13-16節

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.