トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

シンガポール行747型機の41J

 搭乗機の窓から西の空を見た、沈みかけた夕日が関東平野の地平線を赤く染めていた。突然、体がグワーと座席に押し付けられた。隣座席の41HのAさんが「こんな大きな鉄の塊が空に浮くなんて信じられない。」と。
 わたしは飛行機が空中を飛ぶ理屈を学んだことがあるので理解できる。だけれども「そうね!」と言っといた。

 イエスさまが復活(死人のうちから肉体を持って甦った)して弟子達に現れた時、トマスはそこにいなかった。 あの十二弟子の一人トマスは、俺は自分で見なければ信じないと言った。イエスは8日の後もう一度、弟子達の中に現れてトマスに言った。
 
 「あなたの指をここにあてて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばして、わたしの脇腹に入れなさい。信じないものではなく、信じる者になりなさい。******見ないで信じる人は、幸いである。」
       ヨハネによる福音書20章27―29節

 そのままを受け入れて機上の人となった時、その日のミッドナイトには成田から7000kmも離れた赤道直下のシンガポール空港のロビーに立つ事ができた。ハレルーヤ!


ロビー.jpg
  
シンガポール空港のロビーにて

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.