トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

床暖房の恵み

 我が家は30年前に買った、コンクリートのマンションの1階なので冬は床下からの冷え込みが強く、日中天気がよくても底冷えを感じていた。またストーブを付けると頭の方だけが暑くて快適とは言えなかった。

 昨年定年退職を機会に、5月の連休明けに2週間かけてマンションをリフォームした。特に以前からの悩みである暖房システムをメインにして改装した。それが床暖房です。冬に多くの時間を過ごすリビングと、スタディールーム、キッチンに床暖房を設置し、床材は無垢のなら材フローリングにした。熱源はガス(電気容量の増加不可のため)で風呂、洗面、キッチンに湯が出る。

 外から家に帰ると、靴下を脱いで素足になって木の感触と暖かさを感じるのが嬉しい。また普段は特に、夜など床の上に寝転んでTVを見るのも気持ちがいい。もちろんカーペットは一切不要で掃除簡単。室温は15ー17度C位だが十分快適、夜間等外が寒くなって室温が下がってきた時には、1枚服を着るか、予備のガスストーブを付け17度C位まで上げれば十分。

 維持費は風呂は毎日新しくたいて、1月度のガス代 17、000円(夏は5、000円位)、電気代 5、000円也だった。ガラス戸、窓を全て真空ペアグラスにすれば予備のストーブも不要かもしれない。

 予測に違わず、今回のの冬は最高に快適で、感謝です。
もっと早く「床暖の恵み」を楽しんでいればよかったのにと思った。

 「青春の日々にこそ、おまえの創造主に心を留めよ。
  苦しみの日々が来ないうちに。
  『年を重ねることに喜びはない』という年齢にならないうちに。」
              コヘレト(ダビデの子ソロモン)の言葉12章1節

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.