トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

皮算用か、まして信仰は

 昨日は市役所税務局に行って確定申告書を提出してきた。昨年3月で定年退職したので自分で税金の申告をするのである。過去に駐在した、シンガポール、香港、フィリピンも現地社員は自分で申告するシステムでしたので、適切に申告するように言ってきたものでした。(国民一人一人が自立している) 

 しかし今回自分で申告するとなると結構ややこしいもので事前に2回も相談に行き、やっと提出できたのです。30万円近くの返還金がある予定ということで、後日所定の銀行に入金するとのこと。  バンザーイ!

 現金でなくとも約束手形みたいなものです。
パソコンを買って、残りを旅行の費用に決めた。
夢が広がる。 取らぬタヌキの皮算用か?

 しかし、イエス・キリストを信じた者にはもっと大きな約束があるのです。

「わたしたちの本国は天にあります。」 
                フィリピの信徒への手紙3章20節

 この聖書の言葉にあるように、何があっても天国に行けるのです。
確約です。これほどの安心、喜びはありません。
しかし、決して死を急いではなりません。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.