トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

結婚

 幸せになりたい!

「1日だけ幸せになりたければ、床屋に行きなさい。
1週間だけ幸せになりたければ、結婚しなさい。
1ヶ月だけ幸せになりたければ、馬(車)を買いなさい。
1年だけ幸せになにたければ、家を建てなさい。
一生幸せになりたければ、正直になりなさい。」
  
これはイギリスの古い諺だそうです。
結婚の幸せはかくも短いのでしょうか?

 全ての栄華、と英知を極めたソロモン王の言葉に、

「有能な妻を見出すのは誰か。
真珠よりはるかに貴い妻を。
夫は心から彼女を信頼している。
儲けに不足することはない。
彼女は生涯の日々、夫に幸いをもたらすが、災いはもたらさない。
羊毛と亜麻を求め、
手ずから望みどおりのものに仕立てる。
商人の船のように、遠くからパンを運んでくる。
夜の明ける前に起き出して、
一族に食べ物を供し、召使の女たちに指図を与える。
熟慮して畑を買い、
手ずから実らせた儲けでぶどう畑をひらく。
力強く腰に帯し、腕を強くする。
商売が好調かどうか味わい、
ともし火は夜も消えることがない。
手を糸車に伸べ、手のひらに錘をあやつる。
貧しい人には手を開き、乏しい人に手を伸べる。
雪が降っても一族に憂いはない。
一族は皆、衣を重ねているから。
敷物を自分のために織り、麻と紫の衣を着ている。
夫は名の知られた人で、
その地の長老らと城門で座についている。
彼女は亜麻布を織って売り、帯を商人に渡す。
力と気品をまとい、未来に微笑みかける。
口を開いて知恵の言葉を語り、
慈しみの教えをその舌にのせる。
一族の様子によく目を配り、
怠惰のパンを食べることはない。
息子らは立って彼女を幸いな人と呼び、
夫は彼女をたたえて言う。
『有能な女は多いが、あなたはなお、そのすべてにまさる』と。
あでやかさは欺き、美しさは空しい。
主を畏れる女こそたたえられる。
彼女にその手の実りを報いよ。
その業を町の城門でたたえよ。」
             (箴言31章10-31節)とある。

 このような妻を持った人は間違いなく、生涯幸せでしょう。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.