トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

目が開かれて

 「すると、たちまち目からうろこのようなものが落ち、サウロは元どおり見えるようになった。」
                使徒言行録9章18節
 
 クリスチャンでも目は開かれ、回心し新しく生まれ変わるが神様から何ももらっていない人が結構多くいる。

 神様から賜物として救いをうけよ。罪を告白し赦しを受けよ。
カトリックでは司祭が神との仲介者であるが、プロテスタントではクリスチャン一人一人が祭司(万人祭司)であるから神様に直接罪を告白し、赦しを受けることができる。

 一人の人が罪の赦しを受けて救われることは、家族、親族、民族に大きな影響を及ぼすのです。(ユングの深層心理学的な考察からみても)

”クリスチャンよ、あなたの罪は許されている。”これを信じよう。

PS. 「目からうろこがおちる」 という言葉が、2000年前使徒ルカによって使われた言葉とは驚きました。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.