トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

爺のケイタイメール

 実家の94歳の爺ちゃんが携帯電話でメールを始めました。
以前から玲子が勧めていたが、なかなか取り掛かろうとしなかった。

 先日朝日新聞に掲載された85歳のおばあちゃんが、携帯電話で孫達とメール交換することが楽しみで、その上生きがいとボケ防止を得ているという記事を紹介した。すると爺ちゃん「こんなのチョチョイのチョイだよと言って俄然やる気を出した。「爺ちゃん、85歳のおばあちゃんと同じくらい若いね」と言ってもらいたかったようです。

 また、初めて孫からメールで返事をもらった感激はすごかったよう。
まだメールが来るとすぐ電話のように出なければいけないものと思っていたり、メールは来るが文章がなかったり、いろいろハプニングがある。
爺ちゃん今94歳にて少しずつメールの味を味わいつつある。

 何事も味わってみると結構おいしいものがある。
イエス様の味はもっとすごいのになー。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.