トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

モーセの謙遜

 文明の衰退は高慢からとアーノルド トインビーの「歴史の研究」にあるという。

 高慢の反対は謙遜である。謙遜という言葉を少し誤解して使っていることが多い。謙遜は自己卑下ではない。

 また、世間では人生の成功は「俺がやったんだ!」という自己実現、 しかしクリスチャンは神実現です。

 モーセは生涯神なる主に従順であった。
そして主のなさった業ををほめたたえ、主に感謝した。それゆえ祝福された。
 特に人は成功した、儲かった、ゲットできた等絶頂期にある時が一番危険。

 謙遜に!主に感謝。

「モーセという人はこの地上のだれよりもまさって謙遜であった。」
                  民数記12章3節

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.