トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

祈りの力

 わたしは土曜日の午前中を夫婦の祈りのときとしている、楽しいときです。
 クリスマスカードや年賀状から家族、親族、友人の思いを全能なる主に祈るのです。お金儲けや、塔を建てることも大切な働きだが、祈りはそれにもまして崇高な働きです。祈りは病気の人でも、子供でも、お年寄りでもすべての人が出来る働きです。
 
 現代人は「祈り」など科学的でないと一笑に伏すが、それでいて結構頼りにしている。
 旧約聖書のヨシュア記に祭司アロンの子孫が神様から優遇され多くの土地の分配に預かっている。これはアロンの家系がとりなしの祈りをする種族となったからです。
 とりなしの祈りをしよう、神様から大いなる祝福をいただこう。

 「霊」も弱いわたしたちを助けてくださいます。わたし達はどう祈るべきかを知りませんが、「霊」自らが、言葉に表せないうめきをもって執り成してくださるからです。
          ローマの信徒への手紙8章26節

望がゆうき君、潤が松本さんのために祈ることはすばらしいことだ。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.